こわばなちゃんねる ~怖い話まとめ~

怖い話(こわばな)や恐怖の体験談、都市伝説、怪談話などを実話・フィクション問わずまとめていきます。眠れない夜をお楽しみください…

2018年01月

俺は霊を信じていたのだが、今まで一度も見たことがなかった。今から1年半前までは・・・ 俺らは、俺の彼女と友達2人、計4人で湯沢のスキー場にスノボをしに行った。 湯沢にはSのリゾートマンションがあって、そこに2泊3日の予定で行った。 その時期は吹雪がすごく、2 ...

俺にはNっていう友人がいるんだが、どういう訳かNは自分の家に人を呼ぶのを嫌う。いや、嫌うというか親に友達を家に上げるな。と言われていたらしい。確か、家が片付いてないだとか、洗濯物が干してあるからだとか、毎回理由はそんな感じ。Nは学校の中で一番の人気者で、 ...

ここ4年くらいで体験して、おそらく現在進行形だと思われる体験。俺には一つのキーワードでつながってるように思えてならない。 ことの発端は四年前。当時、俺はピザの宅配のバイトをしてた。その宅配先での話。まず現場について思ったのは、「こんなとこに人が住んでるのか ...

「牛の首」の怪談話とは、「この世の中で一番怖く、また有名な話であるが、あまりの怖さゆえに語った者と聞いた者には死が訪れるため、その話がどんなものかは誰も知らない」という話である。私も長い間は、「こんなのは嘘だ、デタラメだ、一人歩きした噂話だ」と鷹を括って ...

ドーモ。オカルト板、初めて書き込みます。「牛の首」というタイトルの話があると聞き、昔、奈良のひいじいちゃんから聞いた話を思い出しました。この話にタイトルはありませんが、もしかしたら関係があるのでしょうか?誰も「牛の首」の話を教えてくれないので、どんな話か ...

一昨年の夏、幽霊?によく犯された。もっともおそらくは暑さかなんかでレム睡眠だかなんだかの状態で目覚めて、夢とごっちゃになっただけ、なのかもしれないけど。当時私は彼との付き合い6年間で3回というおセックス状況下にあった。(別にインポとかそういうことではなく ...

今年の2月に起きた本当の話。そろそろ自分の中でも整理ができてきたので投下する。今大学4年で就職も決まり学校生活も落ち着いたので、念願の車の免許を取るべく免許合宿に行ったんだ。俺の地元は近畿なんだが、合宿場所は中国地方だった。そこで地元が同じである4人の大学生 ...

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時の事である。年に一度のお盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、早速大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。都会とは違い、空気が断然うまい。僕は、爽やかな風を浴びながら、兄と田んぼの周りを駆け回った。そして、 ...

じっちゃま(J)に聞いた話。 昔Jが住んでいた村に、頭のおかしな婆さん(仮名・梅)が居た。 一緒に住んでいた息子夫婦は、新築した家に引っ越したのだが、梅は「生まれ故郷を離れたく無い」と村に残った。しかし他の村民の話では、「足手まといなので置いて行かれた」そうだ ...

最初から読む父親の死後1年9ヶ月経った頃、突然長男と連絡が取れなくなった。 次男からもその連絡が来た。家に電話をしても、嫁さんすら出ないとの事だった。 次男は不審に思い、長男の勤める会社に電話したそうだ。 会社から返ってきた言葉は意外だった。1ヶ月ほど前に突然 ...

ここの住人に聞きたい。呪いって信じる? 俺は心霊現象とかの類は、まったく気にとめる人間じゃない。 だから、呪いなんか端から信じていない。呪いが存在するなら、俺自身この世にはもう居ないはずだから。 自分自身で書くのも嫌になるが、今までもの凄い数の人たちを傷つけ ...

初雪の山は登ってはいけない、そういう話しを仲間内でよく聞いたが、滑りやすくなるからだろうと思い、バカにしてた知り合いは命の危険に晒された。彼は登山歴3年くらいの経験の少ないアマだったが勝気な性格で人に頼ったりする事が嫌いだ。なんでも1人でするタイプで、そ ...

私は、ずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐにいなくなった、と母親に聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことはない。そんなものだと思っていた。それが異常な境遇だということに気付いたのは、ずっと後になってからのことだった。いつ頃のものかは ...

もう8年前になるかな・・・当時高校生で、夏休みの時期でした。6年ぶりに、「遠くに住んでる祖父母に会う」と父が言いました。夏休みももうそろそろ終わりで、遊ぶ金も使い果たしたので、暇つぶしにいいかなと。祖母さん祖父さんもかなり年食ってて、会うのもこれが最後かな・・ ...

俺が去年の今頃バイトしてたコンビニの話。俺が仕事するのは夜10時から翌朝の6時までの夜勤で、田舎なもんで深夜にはほとんど客が来ないのに時給750円は楽な仕事だった。で、その時は俺と店長の2人だけが夜勤に入っていた。その時俺はまだ入りたてのぺーぺーだったんで、慣れ ...

↑このページのトップヘ