こわばなちゃんねる ~怖い話まとめ~

怖い話(こわばな)や恐怖の体験談、都市伝説、怪談話などを実話・フィクション問わずまとめていきます。眠れない夜をお楽しみください…

カテゴリ: 中編の怖い話

二年前の不思議な体験。当時俺は九州のド田舎の某ボロアパートに住んでた。薄給な俺は仕事とバイトを掛け持ちしても安いアパートの家賃を払うのがやっとだったんで水道代や光熱費を気にした。水道も出来るだけ使わず、夜中でも電気を殆ど付けなかった。例えば「爪切りどこあ ...

この話は、5年位前です。私と友人の「まこと、かとう」とで、千葉県の九十九里の海岸に遊びに行った時の事です。私達は静岡県から行くので、九十九里には、朝着きたかったので、夜中にこちらを出る事にしました。一台の車で、運転は、かとう。助手席に私、後ろの席に、まこ ...

私が小学校三年生位の時の話です。 その頃とても仲よしだった、きよみちゃんという女の子がクラスにいました。 彼女と私は、毎日のように学校が終わるとお互いの家を行き来しては、ふたりで遊んでいました。 その日は彼女の家の台所のキッチンテーブルで、ふたりでドラえもん ...

自分の身に起こった、今でも信じられない実話です。まだ僕が中学3年だった頃。僕の家は、父親と母親と弟(まだ小学校低学年)の4人家族でした。紅白歌合戦を見終わって、いい初夢でも見るかな…ってな具合で寝たのはよかったんですが、真夜中に悪夢(見た夢の内容は思い出せ ...

自分、霊感0。霊体験も0。 だから怖い怖いといいながら、洒落怖を見てしまうのさね。 何年か前、当時大学生の親友のAから、奇妙な頼まれごとがあった。そう…ちょうど、こんな蒸す季節のこと。 「俺の母方の実家に一緒に行ってくれ」「ボク…男の子だよ…本当にいいの?」な ...

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。弟が一人いたのですが、まだ小さかったので、一緒に遊ぶという感じではありませんでした。父も母も祖父も、弟が生まれてから以前ほど私をかまってくれなくなっ ...

私の最後の心霊ツアーとなった場所で実際に起こった話し。大学時代、夏になるとバイト仲間で度々心霊スポットへと肝試しに行った。山中の霧がかったトンネル、墓地、廃病院、貯水池、富士の樹海。色々巡ったが、霊には縁がなかった。だが最後となった心霊スポットは、別格で ...

 98:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/0823:14気のせいかも知れませんがよろしいですか?101:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/0823:18先程から某私鉄に乗車しているのですが、様子がおかしいのです。107:あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01 ...

私には霊感がありません。 ですから、幽霊の姿を見たことはないし、声を聞いたこともありません。 それでも、ものすごく怖い思いをたった一度だけ、中学生の時に体験しました。 その話を聞いていただきたいと思います。  14歳のころ父を亡くした私は、母の実家に引っ越す ...

これは今から13年前に起きた出来事です。今でもあれが何だったのか分かりません。早く忘れられれば良いと願っています。 当時私は上京してきたばかりで、右も左も分からない状態でした。 祖父からもらったぼろぼろでいつの時代かわからない東京マップを手に、見知らぬ都会 ...

これは、警備員のバイトをしていた時に、職場の先輩から聞いた話です。都内Sデパートが縦に長い建物で、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。新人である私が覚えきれているはずもなく、最初の内は先輩と共に異常確認を行います。EVボックスの位置や、火元確認場 ...

G県H市のある村に、ある家族が住んでいた。寝たきりで99歳にもなる祖父、その孫で5歳のA、そしてその両親。昼間、両親は働きに出ている。Aはとても好奇心旺盛で家の中を遊びまわっていた。ある日、Aが何気なくふすまを開けると天井裏に通じる板が外れていた。家の中 ...

大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道にくねくねと蛇のようにうねる山道を通った。昼間は何度か通ったことがあったが、夜になるとこれが同じ道かと思うくらい無気味な雰囲気だった。ハンドルを握 ...

社会人になって1年ぐらい経ったころに起きた心霊現象を語る。俺は元々所謂“見える”人間だった。高校・大学時代に有り余った時間にかこつけて心霊スポット巡りとか廃墟に突撃とか頻繁に繰り返したりしていた。それも社会人になり東京の会社に就職する事が決まって、きっぱ ...

↑このページのトップヘ