こわばなちゃんねる ~怖い話まとめ~

怖い話(こわばな)や恐怖の体験談、都市伝説、怪談話などを実話・フィクション問わずまとめていきます。眠れない夜をお楽しみください…

カテゴリ: ほんのり怖い話

この話は、5年位前です。私と友人の「まこと、かとう」とで、千葉県の九十九里の海岸に遊びに行った時の事です。私達は静岡県から行くので、九十九里には、朝着きたかったので、夜中にこちらを出る事にしました。一台の車で、運転は、かとう。助手席に私、後ろの席に、まこ ...

この前職場の同僚Aと居酒屋で飲んでいたときの話。偶然俺の前の職場の飲み会とカチ合った。俺は特に問題があって辞めたわけじゃないし、前の職場の人とも仲が良かったので、合流はしなかったけれどなんか向こうの人が何人もこっちの席に来て注いでもらったり、唐揚げとか刺身 ...

ちょっと自分的に洒落にならんかった話。俺が小学生位の時かなぁ。俺さ、片親で母親が出稼ぎに出ちゃってたもんだから、中学生位の間までずっとじいさんばあさんの家で育てられてたのよ。じいさんばあさんの家はホントにドが付く位の田舎にあってさ。だから自然だけは沢山在 ...

自分、霊感0。霊体験も0。 だから怖い怖いといいながら、洒落怖を見てしまうのさね。 何年か前、当時大学生の親友のAから、奇妙な頼まれごとがあった。そう…ちょうど、こんな蒸す季節のこと。 「俺の母方の実家に一緒に行ってくれ」「ボク…男の子だよ…本当にいいの?」な ...

友達(A)から聞いた話Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた。(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)その教習所で地元の女の子2人組、C子、D子と仲良くなった。教習所に通っている間、いつも4人で遊んで仲良くやっていたが、AとBに ...

私が高校に入学してすぐ、母親が失踪しました。父が言うには、母にはもう数年も前から外に恋人がいたそうです。「アイツは父さんとお前を捨てたんだ」そう言ってうなだれる父の姿を見て、これからは私が母親の分まで父を大切にしようと決心しました。しかし、それから家では ...

最初は、ほんの冗談だった。うちのクラスには、一人どうしようもない馬鹿がいる。野口と言う奴だけど、みんなはノロ、ノロと呼んでいた。なんでも信用するので、からかって遊んでいたのだが、ノロは、なぜか俺が気に入ったらしく、よく俺の言うことを聞いていた。ある日、「 ...

出張であるビジネスホテルに泊まった時の話。仕事を終えて、宿泊先の部屋に帰った俺は、その日の報告と指示を仰ぐため、上司である課長に電話をした。最初は特に問題のない普通のやり取りだったのだが、途中でなぜか電話の向こうで話す課長の様子がおかしくなってきた。 ...

もう10年近く前。そうだな、まだ街のあちこちに電話ボックスがあった頃の話だ。ある3連休の前の金曜日。俺は大学の仲間としたたかに飲んだ。深夜1時前、仕上げに屋台のラーメン食べて流れ解散。そして、ふと、思いついたんだ。明日は特に予定も無い、酔い覚ましに歩いて ...

ここ4年くらいで体験して、おそらく現在進行形だと思われる体験。俺には一つのキーワードでつながってるように思えてならない。 ことの発端は四年前。当時、俺はピザの宅配のバイトをしてた。その宅配先での話。まず現場について思ったのは、「こんなとこに人が住んでるのか ...

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時の事である。年に一度のお盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、早速大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。都会とは違い、空気が断然うまい。僕は、爽やかな風を浴びながら、兄と田んぼの周りを駆け回った。そして、 ...

初雪の山は登ってはいけない、そういう話しを仲間内でよく聞いたが、滑りやすくなるからだろうと思い、バカにしてた知り合いは命の危険に晒された。彼は登山歴3年くらいの経験の少ないアマだったが勝気な性格で人に頼ったりする事が嫌いだ。なんでも1人でするタイプで、そ ...

俺が去年の今頃バイトしてたコンビニの話。俺が仕事するのは夜10時から翌朝の6時までの夜勤で、田舎なもんで深夜にはほとんど客が来ないのに時給750円は楽な仕事だった。で、その時は俺と店長の2人だけが夜勤に入っていた。その時俺はまだ入りたてのぺーぺーだったんで、慣れ ...

よく寝言に返事しちゃだめ、っていうじゃないですか。私が寮に居た時に流行ってたというか、皆その話をしてた時期があったんです。皆情報源もばらばらなんで、言ってる事もばらばらで。寝言を話してる人に話しかけるとその人が狂う、死ぬ、夢遊病になるとか、逆に話しかけた ...

↑このページのトップヘ